正しい服用の仕方で効果がきちんとある?

二日酔いはお酒に強いか弱いかによって個人差があるのですが、実はお酒の種類によっても違ってきます。 ウイスキーやテキーラを飲んだ時の二日酔いは、普通のお酒を飲んだ時と違うという体験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
これは体調や体質のせいではなく、普通のお酒と異なる原因があるため違う二日酔いの症状が出るのです。

ウイスキーやテキーラは蒸留酒という種類のお酒になりますが、特にアルコール度数が高いことで知られていますね。
このような蒸留酒はメタノールの含有量が多いという特徴を持っています。 メタノールはどんなアルコールにも含まれているのですが、アルコール度数が高いものほど含有量が多くなります。

メタノールはアルコールとともに血中に吸収されて肝臓で分解されますが、アルコールよりも分解されるまでの時間が長いのです。 肝臓はまずアルコールを分解するため、メタノールはその間は分解されません。

そのため長時間メタノールが体に残ってしまうので、普通のお酒では起こりにくいだるさや疲労などの二日酔い症状が引き起こされます。

また、メタノールというのは酵素によって、ホルムアルデヒドや二酸化炭素に分解されていきます。
ホルムアルデヒドと言えばアレルギー物質と言うイメージがありますが、一言でいうと有害物質ですし、二酸化炭素も害を持つ物質です。
つまりウイスキーやテキーラを飲むと、こういった有害物質が体内で大量に発生するのです。
ホルムアルデヒドや二酸化炭素は、強い頭痛や吐き気、腹痛や背中の痛みなどを引き起こすので、普通の二日酔いとは違う症状が起こるのです。

原因が違うということは対処法も異なりますから、ウイスキーやテキーラで二日酔いになったときには気をつけましょう。
例えば、普通の二日酔いなら酵素が入っている果物や野菜を摂ると良いと言われますが、こういった食材には微量のメタノールが含まれているのでウイスキーなどの二日酔いには効きません。

また人工甘味料もメタノールを生成してしまうので、スポーツドリンクではなくミネラルウォーターで水分補給して肝機能を高めるようにすることが二日酔いの対処法になります。