正しい服用の仕方で効果がきちんとある?

最近は、居酒屋さんなどでも分煙のところが増えていますし、全席禁煙という飲み屋さんも多くなってきています。
タバコを吸う人からすると、お酒を飲みながらタバコを吸えないというのは辛い状況ですよね。
それに、アルコールを飲むとタバコが美味しく感じられますから、できるだけ吸える環境でお酒を楽しみたいでしょう。

ですがタバコを吸いながらお酒を飲めない環境というのは、二日酔いを防いでくれるのです。

二日酔いは、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドが体内に残ることが主な原因です。 ですのでタバコは関係ないと思っている方も多いようですが、なんとタバコにはアセトアルデヒドが含まれているのです。
つまり、タバコを吸いながらお酒を飲むということは、アセトアルデヒドを取り入れながら体内で生成している状態になってしまうのです。 そのため体内には余計にアセトアルデヒドが蓄積するため、二日酔いになりやすいのですね。

そして、タバコで二日酔いがひどくなるのはもう一つ原因があります。
それはタバコに含まれる有害物質によって、ビタミンCが破壊されてしまうからです。
ビタミンCはと言えば、活性酸素を除去する抗酸化作用やコラーゲンの生成をサポートする成分として有名ですが、実はアルコールにも深く関わっています。

ビタミンCには、アセトアルデヒドの代謝をサポートして酢酸への分解を促進する働きがあります。 このように大事な働きをするビタミンCを、タバコの有害物質は破壊してしまうのです。
また、タバコを吸うとリラックスできるのですが、「リラックスをする」という瞬間にもビタミンCは使われているので、破壊とのダブルパンチでビタミンCが減少し、二日酔いが引き起こされます。

ちなみに、タバコの煙は喫煙者だけではなく周りの人にも影響します。
タバコの副流煙を吸い込むと、喫煙しているのと同じ状態になるため、飲んでいる席でタバコを吸うと他の人も二日酔いになりやすくなってしまいます。

いずれにしても、タバコは百害あって一利なしですし、二日酔いの原因にもなるのでできるだけ控えましょう。