正しい服用の仕方で効果がきちんとある?

二日酔いの解消法は二日酔い用のドリンク剤や薬を飲む、水分をたくさん摂取するなどいろいろありますし、民間療法の情報もたくさんあります。
ですが、中には解消法とされながらも間違ったものがあるのも事実です。

なんとなく理にかなったような解消法であっても、間違っていたら症状が悪化することもあるので注意しなくてはいけません。

二日酔い解消法の中でも、もっとも危険な間違った方法はサウナに入ることです。

サウナに入るとアルコールが汗と一緒にどんどん出て行く、という情報もありますが、これはまったくの勘違いです。 アルコールはあらゆる過程で分解されて酢酸になってから汗と一緒に排出されるのであって、アルコールがそのまま排出されるわけではありません。
二日酔いというのは酢酸に分解しきれなかったアセトアルデヒドのせいで起こるものですから、サウナに入っても解消されません。
それどころか、アルコールのせいで脱水状態になっているのに、さらに汗をかいてしまったら脱水症状が悪化します。

アルコールをしっかり分解するには水分が必要不可欠です。
サウナに入ったらその水分が排出されてしまうのですから、二日酔いは解消できないのです。

また、血中の水分も奪われることになり、血液がドロドロになって詰まりやすくなるので注意してください。

そして二日酔いの解消法でもう一つ間違っているのが、安易に頭痛薬を服用することです。
確かに二日酔いの症状には頭痛もありますが、これはアセトアルデヒドによって起こっているのであまり効果がありません。
それに、アセトアルデヒドは頭痛以外の症状も引き起こすため、頭痛薬を飲んでも他の症状が出てくることがあります。

胸焼けや吐き気、むかつきなど胃腸に二日酔いの症状が出ている場合、胃腸はかなりダメージを受けているため、頭痛薬さえ負担になって症状が悪化します。


このように一般的に良いと言われている解消法でも、間違っている情報もありますから、十分に情報を見極めて実践するようにしましょう。