二日酔いを解消する自分で出来る対策

本当なら二日酔いになるほど飲まなければいいのですが、その思考を惑わせるのがお酒の力です。 二日酔いになると、思考能力も低下しますし、吐き気や頭痛などの症状も出るため仕事や家事に支障が出ることも少なくありません。
ひどい場合は、寝ていても頭ががんがんしたり、吐いても吐いても気持ち悪かったりという状態になります。

そんな時には二日酔い用のドリング剤が効果的ですが、身近にない場合は民間療法を試してみるという手もあります。

二日酔い対策のための民間療法でよく聞くのは、水分をたくさん摂ることではないでしょうか。

アルコールには利尿作用があるため、たくさん飲むと逆に細胞が脱水症状になります。
分解されたアルコールを早く排出するには尿から出すのが一番なので、水分をたくさん摂るのは二日酔いに効果的です。

水分にもいろいろな種類がありますが、オススメなのはカフェインを含むコーヒーやお茶、吸収の良いスポーツドリンクやミネラルウォーターです。

中でも牛乳をたっぷり入れるカフェオレは、脳細胞の脱水症状を改善して頭痛を緩和したり、肝臓の働きを活発にするので二日酔いに効果的です。

次によく聞くのがお味噌汁を飲むことです。
お味噌汁は水分を補給できるのはもちろん、味噌には体内機能の働きに欠かせない酵素がたくさん含まれていますから、内蔵器官の働きを活性化して二日酔いを緩和してくれます。

特に、肝機能に働きかけてアルコールの分解排出をはやめるオルニチンが入ったしじみは、二日酔いの症状を軽減してくれますから、飲んだ次の日の朝に飲むという方が多いようです。
時間に余裕がない場合はインスタントでもいいので、熱いお味噌汁を一杯飲んでおくといいでしょう。

いずれにしても、二日酔いに効く民間療法の基本は水分補給が主になります。

とにかく水分を補給すればアルコールでもアセトアルデヒドでも排出をはやめることが出来ますから、症状の改善に多少時間はかかるとしても水分の摂取を心がけましょう。