二日酔いになりやすい人となりにくい人の差

二日酔いは、お酒をたくさん飲むと起こる症状と思っている方も多いようです。 確かにお酒の量も関係していますし、度数の強いお酒を飲めば少量でも二日酔いになることがあります。

ですが量や度数だけではなく、実は体質も関係していますし、二日酔いの症状の度合いは個人差があるのです。

そのため二日酔いになりやすいという人がいるのですね。

アルコールを分解して排出する過程には、アセトアルデヒド脱水素酵素という酵素が働きます。
アルコールの代謝の仕組みは、まずアルコールは肝臓に運ばれると、アルコール脱水素酵素によって代謝が行われてアセトアルデヒドに分解されます。

次にアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸になり、この酢酸は全身をめぐりながら水と炭酸ガスに分解されて排出されていきます。

つまり最終的に酢酸にならないと、動悸や頭痛、吐き気などを引き起こす毒性を持ったアセトアルデヒドが体内に残ったままになってしまうのです。

アルデヒド脱水素酵素は体内で分泌される酵素ですが、この酵素の分泌量が少ない体質だと、アセトアルデヒドのせいで二日酔いが引き起こされるのです。

日本人はもともとアセトアルデヒド脱水素酵素の量が少ないと言われているため、他国に比べるとお酒に弱い民族になります。

さらに、体質的に少ない人もいるので、こういった方は摂取量や飲んだお酒の種類に関わらず二日酔いになりやすいのです。

また、個人差というのは、男女差や年齢、体内の水分量、体重などが関係しています。 男女差だと、女性の方が体が小さいため水分量が少なかったり、肝臓が小さいせいで分解の速度が遅いことで二日酔いになりやすいです。 年齢を重ねると肝臓も老化しますし、高齢になると体内の水分量も減少するため二日酔いが起こりやすいという点で個人差が生まれます。

ちなみに、お酒の飲み方を間違えている人も二日酔いになりやすいです。

梅酒やカクテルなどは甘いお酒は飲みやすく、お酒の味もほとんどしませんが、実はアルコール度数がとても高いため弱い人が飲むと少量でも二日酔いになってしまうので気をつけましょう。