正しい服用の仕方で効果がきちんとある?

どんなに飲みすぎないように気をつけていても、楽しいお酒の席だと、ついつい飲みすぎてしまいます。 そして次の日、ひどい二日酔いになって飲みすぎたことを後悔するのを繰り返してしまう、という方も少なくないでしょう。
そんな辛い二日酔いの症状を軽減してくれる二日酔い用のドリン剤クですが、利用したことがあったとしても、実際のところ効果があるのかないのかあまり分からない方も多いようです。

結論からいうと、二日酔い用のドリンクの用途が正しければ効果が期待できます。 二日酔い用のドリンクには、飲酒の前に飲むものと飲酒の後に飲むもの、二日酔いになったときに飲むものなどいろいろな種類があります。
また医薬品、医薬部外品、栄養ドリンクなどの種類もあるので、効果はそれぞれ異なります。
さらに、人によって体質に違いがあり、アルコールを分解する酵素の量にも違いがあるため、どれでも効果を得られるわけではないのでコマーシャルや知名度に流されず選びましょう。

選び方のポイントは、自分にあったものを選ぶことです。
少量のアルコールでも二日酔いになる方は、飲む前に服用するタイプで肝機能を高めてくれるものが良いでしょう。 肝機能を高める効果がある代表的な成分はウコンですから、ウコンが主成分の二日酔い用のドリンクがオススメです。
飲みすぎて二日酔いになることが多い場合には、肝臓の働きを助けるセサミンが配合されているものを事前に摂取しましょう。

二日酔いになる心配がある、という方だったら、飲んだあとにタウリンが含まれている栄養ドリンクタイプを摂ると、アルコールの分解を促進できて二日酔いを防止してくれます。 二日酔いになってしまったときには、肝機能を回復させるオルニチンや肝臓の働きを活発にするビタミンCが入ったドリンクを飲むといいですね。

ただし、いくら二日酔い用のドリンク剤に効果があるとしても、やっぱりアルコールの過剰摂取は体に負担をかけます。
飲みすぎが続くと肝機能は回復できないままどんどん低下しますから、ドリンク剤に頼りすぎないように注意しましょう。