なぜ症状が起こってしまうのか?

二日酔い

二日酔いの症状は人によって異なるものの、その中でも多いのが下痢や吐き気、頭痛などの症状です。 アルコールは、胃や小腸で吸収されて血液に運ばれて肝臓へ送られます。 そしてアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解された後、アルデヒド脱水素酵素で酸化して酢酸へと変性します。 もしアルコールの摂取量が多く分解しきれなかった場合は、全身をめぐってまた肝臓に戻り、同じ作業で分解されます。 酢酸は炭酸ガスと水に分解されてから、体外へと排出されるのですが、この過程の中に二日酔いの原因があります

まず特に傷んでいるものを食べたわけでもないのに、お酒を飲んだら下痢になることがあります。
これはアルコールを分解したり吸収のために、胃腸などの内蔵器官がダメージを受けてしまい、働きが低下するからです。 またアルコールは食欲を増進する効果があるので、食べ過ぎてしまって食べ物が未消化のまま大腸に送られてしまうことも下痢の原因となります。



吐き気が起こるのは、アルコールが胃で吸収される際に刺激を受けて、胃酸が過剰に分泌されることが原因です。 胃酸というのはとても刺激が強く、過剰分泌すると胃を圧迫してしまうので、食べ過ぎなどに関わらず吐き気の症状が起こります。

そして、もっとも辛いと言われる二日酔いの頭痛の原因は、アルコールが分解されることによって生成されるアセトアルデヒドです。 アセトアルデヒドはアルデヒド脱水素酵素によって酢酸となり、分解されて排出されます。 しかし、アルコールを摂取しすぎるとアルデヒド脱水素酵素が不足してしまいますし、体質によってはアルデヒド脱水素酵素が少ないこともあります。

すると毒性の強いアセトアルデヒドが血中に残ってしまうため頭痛を引き起こすのです。

ひどい場合は仕事などに支障が出ることもある二日酔いは、もちろんお酒を飲むことが原因ですが、それぞれの症状を引き起こす原因はこのように少しずつ異なります。 一般的には飲み過ぎると二日酔いになると思われていますが、体質などによって少ない量でも症状が起こることがあるので、原因をしっかり把握して注意しましょう。

当サイトでは二日酔いの原因を探ると同時に様々な解決法についても考えていきたい思います。
おいしくお酒を飲んだ後は、二日酔いに悩まされることなく過ごしたいものです。
是非参考にしてみてください。

一番のおすすめはやっぱりウコン

二日酔いの解消法はいろいろありますが、やっぱりおすすめはウコン。
ウコンはここ数年で二日酔い対策の救世主としてかなり有名になりました。
市販のウコンドリンクなどはコンビニエンスストアでも売っていますし、飲み会の前には必ず飲む方も増えてきたように思います。
でもどうしてウコンがいいのでしょうか?

これはウコンに含まれる「クルクミン」という成分が二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」を分解してくれるからです。
これにより翌日も二日酔いにならずにすっきりとするわけですね。

またウコンには肝機能を強くするという働きもあるようです。

たまに飲む方ならドリンクで十分ですが、いつもお酒を飲んでいて肝臓が心配な方はウコンのサプリメントがいいでしょう。
ウコンのサプリメントについて詳しく解説しているサイトがありますので、参考にしてみてください。
ウコンサプリメントで明日も快適!徹底比較ランキング